FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿

ままや*ままごと

あとりえままやの創作・イベントなどのお知らせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
目で見ることは刺激的。
現代人の暮らしは常ににぎやかな広告や風景に囲まれ、
わたしたちは必要な情報の大部分を視覚に頼っているそうです。

でもときどきは、あえて気持ちを落ち着けて心静かに耳を澄ませてみたら…。
雑音にしか聞こえなかった蝉の声もなにか大事なことを語りかけてくれてるのかもしれません。

こちらは、そんな落ち着いた時間をわが家にとり入れたくてお迎えした素敵な美術作品。



タイトルは「去り行く音 苔むす記憶」
パフォーマーでアーティストで保育士でピアノの先生でもある、
森文子(もりあやこ)さんの作品です。

2年前、ご一緒させていただいた展覧会で出会いました。
作品はしばらくの間、もりさんのピアノのあるお部屋に飾られていたそうで、
その方が似合うような気がして心苦しかったのですが、
でもどうしてもどうしても欲しくてその後譲っていただきました。
今はわが家の書庫でお守りになってくれています。



耳の縁にそっと寄り添うようにとまっている虫は、綺麗な白い貝殻みたいなもので出来ています。
実はこれ、貝殻ではなく「耳石」といって、
魚の体内(内耳)で平衡感覚と聴覚をつかさどる結晶組織なんだそうです。
成長とともに形成される年輪のような層が繊細なラインを見せ、まるで天使の羽根のよう。
自然の神秘と時間へのロマンを感じさせるところが、この作品にピッタリですね。

これを手に入れるためにせっせと煮魚をつついて集めているもりさん。(^^;
なんか、このあたりちょっとままやの収集マインドと共通したものを感じて勝手に親近感を覚えたりもしています。
そんな、”bunbun”(ぶんぶん)こと森文子(もりあやこ)さんのホームページはこちら、
新月兔企画です。
2010.08.20.Fri 11:58 | ご紹介 | trackback(-) | comment(-)






プロフィール

mamaya

Author:mamaya
箱・ミニチュア・オブジェなど作っています。

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ままや関連サイト

このブログをリンクに追加する

リンク

お気に入りサイト

メールはこちらから

お名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Backyard

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。