FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿

ままや*ままごと

あとりえままやの創作・イベントなどのお知らせ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
芳賀一洋&渋谷クラフト倶楽部展は盛況のうちに無事終了いたしました。
多くの方にご来場いただき、また励ましの声等いただき、本当にありがとうございました。

つたない工作ではありますが、今回のままやの出品作を紹介させていただきます。

タイトル:「銀河鉄道の夜・カンパネルラの部屋」

宮沢賢治の小説「銀河鉄道の夜」を題材にしています。
主人公の少年ジョバンニの心象の中のカンパネルラの部屋という設定です。
6869678175_69d9dac9a7.jpg
(全体図)
6869054439_b253df0a93.jpg
(全体図・点灯時)

二人は同級生ですが、境遇に違いがあり、貧しいジョバンニは学校に通いながら働かなければなりません。
放課後は活版所で活字拾い、朝は新聞配達のアルバイトをかけもちしています。
毎日眠くて授業中もぼんやりして、知っているはずの先生の質問にも自信がなくて答えられません。
ジョバンニの心の中には、親友カンパネルラと過ごしたこんな場面が浮かんでいるのですが。

「それはいつかカムパネルラのお父さんの博士のうちでカムパネルラといっしょに読んだ雑誌のなかにあったのだ。それどこでなくカムパネルラは、その雑誌を読むと、すぐお父さんの書斎から巨きな本をもってきて、ぎんがというところをひろげ、まっ黒な頁ページいっぱいに白い点々のある美しい写真を二人でいつまでも見たのでした。」
R0011332_convert_20120221181556.jpg
(大きな図鑑の銀河のページが広げられた部屋。)

いつもハキハキしないジョバンニをからかったり仲間外れにしようとする級友もいますが、カンパネルラはそんな周囲の雰囲気に同調することもなく、だまって気の毒そうにジョバンニを見守ってくれているのです。
裕福で優等生、もの知りでクラスの人望もありながらそれを鼻にかけないカンパネルラはジョバンニにとって最も信頼を得たい憧れの友なのです。

ジョバンニの回想は、もっとずっと小さい頃、今よりも無邪気にふたりいっしょに遊んだ頃に帰っていきます。
次のセリフはそんな懐かしい思い出を母親に語っているところです。

「カムパネルラのうちにはアルコールラムプで走る汽車があったんだ。レールを七つ組み合せると円くなってそれに電柱や信号標もついていて信号標のあかりは汽車が通るときだけ青くなるようになっていたんだ。いつかアルコールがなくなったとき石油をつかったら、かまがすっかりすすけたよ。」
6869647329_bb7f73df14.jpg
(カンパネルラの持っていた模型機関車。)

6869651835_32a3ff18a8.jpg
(まだ組み立てていないレール。付属の電灯や信号標。)

R0011344_convert_20120221173302.jpg
(模型の汽車を走らせる燃料のアルコールの瓶が空になって倒れているところ。アルコールのかわりに石油を入れるために二人が持ち出した石油ランプとオイルさし。)

作品は、これらの思い出がジョバンニの心の銀河の中心にある様子を表しています。
6869666075_037b158928.jpg
天球儀を模したドームの下半分は丘から見た夏の夜の星座、上半分はジョバンニが朝刊を配って回る街の地図です。

球を支える軸は二人が銀河鉄道に乗り込む銀河ステーションに早変わりする「天気輪の柱」です。
これは丘の上に建っている何らかの建造物らしいのですが、物語の中では具体的な描写がされていません。
そこで、建造物は実際には作らず、ノンスケールの基礎部分に時計の歯車を付けることで、その先に塔のようなものが天空に向って高くそびえていたであろうことを象徴的に表現しました。
6869654889_28ede79673.jpg
同じく、丘のふもとの鏡は街に流れていた川のつもりです。

夏祭りの夜に、カンパネルラはこの川に落ちた友人を助けようとして自分が溺れて死んでしまうことが物語の終盤にわかるのですが、その川べりにたたずんで一匹の犬が水面を見つめています。
Sauer2

Sauer1

この犬はカンパネルラが飼っていたザウエルという名の犬で、ジョバンニが毎朝新聞をまわしに行く時、街外れまでずっと着いてくることもあった人懐っこいヤツです。
彼も心配して主人の帰りを待っている、といったちょっと寂しい物語の終わりの風景を担う者として登場してもらいました。

わたしたちの倶楽部では、毎回記録のため参加者全員の作品写真を撮って冊子を作成するのですが、その撮影を担当したitaru watanave氏の写真を当ブログにも掲載させていただきました。
小物をアップに写したものと犬が写っているものの他はすべて彼の撮影です。
ありがとうございました。
また、今回の渋谷クラフト倶楽部展に参加出品された全作品の写真は、itaru watanave氏の ←こちらのページで確認いただけます。
作品展へ来場のチャンスを逃してしまった方も、すばらしい質とボリュームの写真で、わたしたちの工作の成果をごらんいただけましたら幸いです。
また、師匠・芳賀一洋の活動はichiyoh-hagaオフィシャルサイトで継続的に紹介されていますので、こちらの方も引き続きよろしくお願いいたします。

このたびはまことにありがとうございました。
2012.02.21.Tue 19:26 | ミニチュア | trackback(-) | comment(-)






プロフィール

mamaya

Author:mamaya
箱・ミニチュア・オブジェなど作っています。

最新記事

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

ままや関連サイト

このブログをリンクに追加する

リンク

お気に入りサイト

メールはこちらから

お名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Backyard

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。